deeper 3Dとチャップアップの比較

Deeper3Dとチャップアップの比較

deeper 3Dとチャップアップを比較しました!

抜け毛の改善や薄毛予防を目的として使用する育毛剤は、毎年のように新しい商品が提供されています。これは、それだけ多くの人が頭髪の悩みを抱えているからであり、商品として流通できるだけの需要を見込めるということが関係しています。

ただし、それだけに競争は非常に熾烈で、大部分の育毛剤は効かないという烙印を押されて消えていくことになります。そんな中で、2013年の販売開始以来、トップクラスの人気をキープしているのがチャップアップです。

このチャップアップに取って代わるのではないかと注目されているのが、2016年にリニューアルしたdeeper 3Dという商品です。この育毛剤は、これまでにない新しい有効成分を配合していることが最大の特徴です。

それでは、これからdeeper 3Dの内容について紹介しながら、チャップアップと比較してどちらがオススメか検証していくことにします。



deeper 3Dの内容

deeper3ddeeper 3Dは、化粧品販売メーカーが提供している商品で、モンゴ流スカルプエッセンスというシリーズの内の一つです。なお、商品名につけられている3dとは、3つの特徴成分をブレンドしていることにちなんだものです。

この3つの特徴成分とは、キャピキシル&リデンシル、成長因子、モンゴロイド3大伝承成分のことで、これらにより頭髪を長く、深く、そして太く成長させることを目的としています。

deeper 3Dに配合されている3つの特徴成分の中で、特に注目を集めているのがキャピキシルとリデンシルです。これらは、海外の化粧品メーカーが開発した育毛成分で、薄毛の治療薬として有名なミノキシジル以上の効果を期待できると一部で評価されています。

なお、これらの成分は厚生労働省からは承認されていないので、deeper 3Dは医薬品や医薬部外品として認定されていません。このために、抜け毛予防や薄毛の改善を目的として使用するのですが、育毛剤ではなく化粧品という取り扱いになります。




deeper 3Dのメリット

deeper 3Dの魅力は、注目の新成分キャピキシルとリデンシルを両方配合していることです。これらは、それぞれ主成分として単独で配合されているケースは他にも見られますが、両方を配合しているのは初めてのことです。それだけに、未知の魅力にあふれていると言えます。

capixil

なお、キャピキシルは天然ハーブとペプチド化合物を原料とした成分で、毛包の修復による発毛促進効果とAGAの原因物質の生産の抑制による抜け毛防止効果の両方を期待できます。

また、副作用に見舞われる心配が無いので、発毛促進に特化したミノキシジルと比較すると3倍の効果を期待できるとも表現されています。前述したように日本では未承認ですが、開発メーカーにより臨床試験が実施されており、顕著な結果が公表されています。



もう一方のリデンシルは、茶葉エキス、西洋アカマツ球果エキス、グリシン、ピロ亜硫酸ナトリウム、塩化亜鉛を原料としており、毛母細胞の増殖、毛乳頭細胞の活性化、頭皮の炎症の抑制等の効果を発揮します。

こちらの成分も開発メーカーにより臨床試験が行われており、被験者の85%に明確な形での頭髪の増加が確認されています。ちなみに、リデンシルはミノキシジルの2倍の効果を期待できると言われています。

これらの注目の成分に加えて、一般的な育毛剤にも使用されているセンブリエキスやヒオウギエキス、オウゴンエキス等も配合しています。このために、新成分によるプラスアルファの効果をダイレクトに享受することが可能です。


⇒Deeper3Dを見に行く





deeper 3Dのデメリット

一方、deeper 3Dのデメリットは、、メーカー希望小売価格14,850円という強気な価格設定です。1本で1.5カ月使用できるので、1日当たりのコストは330円となります。これは、他の育毛剤と比較すると大きな金額となっています。

deeper_price

このためにdeeper 3Dは、頭髪の悩みに対してある程度のお金がかかっても構わないという人だけが使える商品ということになります。



チャップアップとの比較

ちなみに、deeper 3Dのコスト面での内容をチャップアップと比較すると次の表の様になります。

チャップアップ Deeper3D
単品価格(定価) 7,400円 14,850円
1日当たりの費用 246円 330円
最安値 2本セット12,000円
(1本6,000円)
6本セット62,370円
(1本10,395円)
最安値での1日当たりの費用 200円 231円

この様に、通常価格では費用面において大きな差があったのですが、最安値同士を比較すると1日当たりの違いは31円であり、1カ月で約900円と許容範囲にとどまります。ただし、このdeeper 3Dの6本セットというコースは、1回しか利用することは出来ません。

また、到着後2週間以内であれば返品できますが、その期間を過ぎると対応していません。このために、これ以降に異常が生じた様な場合は60,000円以上の金額が無駄になってしまうということになります。

一方で、チャップアップは注文してから30日以内であれば、全額を返金する保証制度が用意されているので、かなり安心できる内容です。また、定期コースの途中解約も可能で、大金を無駄にするような心配はありません。




チャップアップとの比較 まとめ

この様に、新成分を配合しているということで注目を集めているdeeper 3Dは、ハード面においての不安がデメリットとなっています。このために、現状での購入はかなりリスクを伴うと言わざるを得ない状況です。

さらに、途中でも述べたように、キャピキシルとリデンシルの両方とも厚生労働省未承認の成分で、育毛データは海外のものだけしか存在していません。このために、現実的に育毛剤として効果が認められている成分は、実はセンブリエキスのみという内容です。

これに対してチャップアップは、センブリエキスの他にグリチルリチン酸とジフェンヒドラミンHCという2種類の医薬部外品指定を受けている有効成分を配合しているので、確実な効果を期待することが出来ます。

この様に、ハード面とソフト面の両方で安定しているので、現状ではdeeper 3Dよりもチャップアップがオススメということが結論となります。




サブコンテンツ

このページの先頭へ