薬用プランテルとチャップアップの比較

チャップアップとプランテルを比較してみた

薬用プランテルとチャップアップの比較してみました!

多種多様な種類が販売されている育毛剤の中で、人気ランキングの常連とも呼ぶべき存在がプランテルとチャップアップの2種類の商品です。これらは、相反する特徴を備えており、向き不向きがはっきりと分かれてしまうので、どちらを選んでも同じというわけにはいきません。

そこで、それぞれの内容について紹介しながら、どのようなタイプの人に向いているのかについて説明していくことにします。



薬用プランテルの内容

薬用プランテルは、M字ハゲに悩んでいる人に特化した育毛剤です。このM字ハゲとは、生え際部分がアルファベットのMの様な形になってしまうタイプの薄毛で、中年以降の男性に多く見られるのが特徴です。

M字

これは、男性ホルモン由来の物質の作用により進行するからで、M字ハゲの進行を食い止めるためには、根本的な原因に対してアプローチしなくてはなりません。そこで、プランテルが配合しているのが、ヒオウギエキスという成分です。

ヒオウギエキス

この成分は、M字ハゲの原因物質の生産にかかわっているⅡ型5αリダクターゼという還元酵素の活性を阻害する作用があります。これにより、原因物質の生産量が減少するので、M字ハゲの進行が止まることになります。

なお、これだけでは薄毛の進行を止めるというだけの消極的な効果しか得られませんが、プランテルには発毛促進作用があるセンブリエキス、フケやかゆみを抑制するグリチルリチン酸、血管を拡張し血行を促進するセファランチン等の有効成分を加えているので、元の状態に回復させるというポジティブな効果も期待できます。

薬用プランテルさらに、プランテルはパラペンや鉱物油、香料、着色料は一切配合していないので、頭皮や頭髪へのダメージは最小限度に抑制されており、かぶれやすいタイプの人でも安心して利用できます。

この様に効果と安全性の両方がハイレベルなプランテルは、コスト面においても非常に魅力的です。1本当たりの通常価格は9800円で、50日間使用できます。このために、1日当たりのコストは196円となります。

この金額でも現在の育毛剤の中ではトップクラスに位置するのですが、定期コースというお得なメニューが用意されており、その場合の1本当たりの値段は6980円で、1日当たりのコストは約140円とさらに優秀な数字になります。この費用面での魅力も、プランテルの人気につながっています。

price





チャップアップの内容

チャップアップ一方、チャップアップは20歳代の初期の薄毛に悩んでいる人から50代以降のかなり進行してしまった人まで、世代を問わず効果を期待できるということが特徴の商品です。さらに、近年増加している女性の薄毛にも対応しています。この老若男女問わず利用できる柔軟性の高さが魅力で、大手通販サイトの人気ランキングをはじめとして、多数の項目でナンバーワンの評価を得ています。

このチャップアップの育毛効果は、薄毛治療に関する知識の普及等に携わっている特定非営利活動法人の会長職を務める医師からも推奨されているほどです。これは、厚生労働省が医薬部外品として指定している育毛成分3種類を中心として、トータルで44種類もの有効成分を配合しているからです。

ちなみに、チャップアップに配合されている3種類の主要成分とは、センブリエキス、グリルリチン酸、ジフェンヒドラミンHCで、この内の2種類はプランテルと共通しています。

また、チャップアップは、M字ハゲの改善に効果を発揮する成分を4種類も配合しています。その内容は、ヒオウギエキス、オウゴンエキス、ビワ葉エキス、チョウジエキスです。この内のオウゴンエキスとチョウジエキスは、プランテルには配合されていません。

チャップアップの配合成分

このために、実はチャップアップの方がM字ハゲに対しての改善効果を期待できるということになります。さらに、それ以外にも有効成分を多数使用しているので、育毛剤としての基本的な内容に関してはチャップアップがプランテルを凌駕しています。





薬用プランテルとチャップアップ 価格面での比較

育毛剤としてのソフト面においてはチャップアップが圧倒していますが、これだけで結論を出すのはやや早計です。それは、商品である以上はコストパフォーマンスという観点が必要不可欠となるからです。

特に、プランテルは価格面で非常に優れていることが特徴の商品なので、この面での比較は重要なポイントとなります。

プランテル チャップアップ
単品価格 9800円 14800円
1日当たりのコスト 196円 約493円
最安値コース 6980円 2本セット12000円
(1本6000円)
最安値コースでの1日当たりのコスト 約140円 200円



上の表が両者を比較したもので、コスト面においてはプランテルが優位であるという結論となります。これは、生え際部分にだけ使えば良いということで1回当たりの使用量が少なく、内容量は共に120mlと同じであるにも関わらず、1本で50日間使えるということが関係しています。



薬用プランテルとチャップアップの比較 まとめ

チャップアップは育毛剤としては非常に優れた内容で、誰が使用しても失敗したと感じることはほとんどありません。これは、配合成分の種類の多さ等ソフト面が秀でているからで、M字ハゲの改善という項目においても専用育毛剤のプランテルを上回るほどです。

しかし、それだけ様々な成分を使用しているということで値段はどうしても高めとなってしまいます。このために両者を比較した場合は、内容面を重視する人に対してはチャップアップをオススメできますが、コストパフォーマンスを追求するという場合はプランテルの方が適当となります。






サブコンテンツ

このページの先頭へ