リアップとイクオスの比較

リアップとイクオスの比較

リアップとイクオスの比較

薄毛の予防や改善を目的として使用する育毛剤の中で、トップクラスの人気を集めているのがイクオスとリアップです。共に、クオリティーの高い優秀な内容を備えており、実際に利用した人による口コミでも、かなり高く評価されています。

このために、どちらを選べば良いのかで迷ってしまいがちですが、実は両者の方向性については明確な違いがあります。これに加えて、コストパフォーマンスについても紹介したうえで、どちらをオススメできるかについて検証していくことにします。



リアップの内容

reupリアップは、世界90か国以上で使用されているミノキシジルという成分を配合した商品で、国内の育毛剤の中では唯一、第一類医薬品に指定されています。
壮年性脱毛症という男性の薄毛の大部分を占めている症状を対象としており、強力な発毛効果を期待できることが特徴です。

このリアップの発毛効果については、臨床実験でも証明されており、商品の公式ホームページで公表しています。それによると、52週間の長期投与の結果、94%の割合で軽度改善以上の効果が確認されています。

ちなみに、その内訳は、著名改善10%、中等度改善60.0%、軽度改善24%となっています。なお、著名改善とは薄毛部分が新たな発毛によりほぼ完全に隠れるようになった回復のことで、中等度改善とは部分的に被われるようになった状態のことです。これらを合計すると、70%に達しており、薄毛に悩んでいる人にとっては期待が持てる内容です。




イクオスの内容

iqos_hikaku一方のイクオスは、2,016年のモンドセレクションで銀賞を受賞している育毛剤で、医薬部外品に指定されています。
有効成分は、センブリエキス、グリチルリチン酸2K、ジフェンヒドラミンHCの3種類で、抜け毛予防と発毛の促進、頭皮環境の正常化など様々な効果を期待できます。

seibun

なお、イクオスはリアップのように特定の脱毛症だけを対象とした商品ではないので、老若男女問わず利用できます。注目の育毛成分アルガス-2にしても、天然成分を中心に配合しており、副作用に見舞われる心配はありません。

さらにイクオスは有効成分を確実に浸透させるために、低分子ナノ水を使用するという特殊技術を採用しています。これにより、これまでの育毛剤では効果が得られなかったような人でも、違う結果を期待することが出来ます。




リアップとイクオスのコスト面の比較

リアップの臨床試験が52週間かけて実施されたように、育毛剤は効果を体感するまでにはある程度の日数が必要となります。つまり、長期利用が必要ということであり、商品を選択する際には、コスト面での比較は重要なポイントとなります。それでは、早速リアップとイクオスを比較してみることにしましょう。

商品名 イクオス リアップ
単品価格 12800円 7611円
1日当たりの費用 約427円 約254円
最安コース 定期コース6800円 3本セット20293円
最安コースでの1日当たりの費用 約227円 約225円

このように、単価はリアップの方が明らかに安いのですが、定期コースを選択すると、その差はかなり小さくなります。このために、コスト面で両者を比較した場合は、ややリアップが有利となりますが、決定的な決め手というほどではありません。



イクオスとリアップの配合成分の比較

次に、両者の育毛剤としての基本的な性質の違いを見るために、配合成分の種類や効果、副作用の危険性について、見ることにしましょう。

商品名 イクオス リアップ
配合成分数 61 6
主要有効成分 センブリエキス、M034、グリチルリチン酸、ジフェンヒドラミンHC、アルガス-2 ミノキシジル
育毛成分 ビワ葉エキス、ボタンエキス、シナノキエキス、ヒキオコシエキス、ヒオウギ抽出液、クロレラエキス、オウゴンエキス、ニンジンエキス、ローズマリーエキス、アルギニン、リジンなど ピリドキシン塩酸塩 、 トコフェロール酢酸エステル、l -メントール
副作用成分 なし ミノキシジル
副作用発症事例 なし 多毛症、低血圧、急激な体重の増加、手足のむくみ、眩暈、頭皮の炎症

このように、ミノキシジルの作用にほぼ特化しているリアップに対して、イクオスには多様な成分が配合されています。それだけ複合的にアプローチするので、様々な薄毛を改善できる柔軟性の高さを期待できます。

また、リアップの場合は副作用の危険があるということがマイナスのポイントです。これは、有効成分のミノキシジルは、元々は降圧剤として開発されたもので、血圧を下げるというのが本来の作用です。このために、それに伴う様々な不具合を避けることは出来ません。



まとめ

iqos_hikakuリアップは、確かに魅力的な育毛剤ですが、誰でも利用できる内容ではないうえに、高確率で副作用に見舞われるというリスクを伴います。つまり、乱暴な言い方をすると、薄毛を改善するために犠牲を払わなくてはならないということです。

これに対して、イクオスの場合は作用は緩やかであり、身体に負担をかけるような成分は配合されていません。このために、こちらを選択するほうが基本的には無難です。残念ながらコストは少しかかりますが、健康と引き換えにすることは出来ないからです。


⇒イクオスの口コミをチェック





サブコンテンツ

このページの先頭へ