プランテルとリアップの比較

プランテルとリアップの比較

プランテルとリアップの比較

男性の薄毛の大部分は、生え際から頭頂部にかけての部分に集中しているのが特徴です。
これは、この部分の毛根に、男性ホルモンのテストステロン(Testosterone)を脱毛原因物質のDHT(Dihydrotestosterone)に変えてしまう還元酵素が分布しているからです。

このDHTにより進行する薄毛のことは、AGA (男性型脱毛症)と呼ばれています。
日本人男性の約3割程度に見られる症状で、生え際が高くなるM字型やつむじ周辺が円形に広がるO字型、この両方が同時に進行する複合型とがあります。

この様な薄毛を改善するために、様々な種類の育毛剤が開発されています。その代表的な存在がリアップとプランテルで、それぞれ異なったアプローチによりAGAを改善します。

これらの何が違うのかについて説明したうえで、どちらがオススメできるのかについて検証することにします。



M字ハゲに効果的なプランテル

薬用プランテルプランテルは、生え際が後退するタイプの薄毛の改善に特化した育毛剤で、AGAの原因物質DHTの生産を抑制することにより、抜け毛を予防するという内容です。これは、ヒオウギエキスという有効成分の作用によるものです。

このヒオウギエキスは、女性ホルモンのエストロゲン( Estrogen)と似た働きを持つイソフラボンというフラボノイドの一種を豊富に含有しています。この成分が、DHTの生産に関与している還元酵素の酵素活性を抑制することにより、AGAの進行を止めるという仕組みです。

ヒオウギエキス

このイソフラボンによるDHTの生産を阻害するプロセスは、飲む育毛剤と呼ばれているプロペシアと同様です。しかもプロペシアには性機能の低下などの数々の問題が発生していることが報告されているのですが、ヒオウギエキスに関しては副作用の心配はありません。

さらに、これに加えて医薬部外品指定を受けているセンブリエキス、セファランチン、グリチルリチン酸2kという3種類の有効成分により、頭髪の健康的な成長をサポートし、薄毛を本来の状態に回復させるという仕組みです。



リアップの内容

reup一方のリアップは、国内製の育毛剤の中で唯一第1類医薬品に指定されている商品で、壮年性脱毛症における発毛、育毛および脱毛の進行予防の効果を発揮します。ちなみに、この壮年性脱毛症とは壮年期に発症するAGAのことです。

なお、AGAの原因物質のDHTは、前述したように男性ホルモンのテストステロンが変化したものです。テストステロンは筋肉や骨格の形成に関与しており、思春期に分泌量が急激に増加します。

このために、DHTもこの時期以降に生産されるので、10代でAGAが発症するケースもあります。このようなタイプは、若年性脱毛症と呼ばれており、壮年性脱毛症はこれより後に発症したものを指しています。

ただし、これらはあくまでも便宜上の分類であり、明確な規定があるわけではありません。ちなみに、リアップの場合は未成年者の使用は禁止しており、成人以降のAGAを定義する言葉として壮年性脱毛症を用いていると考えられます。

なお、リアップの壮年性脱毛症に対しての効果は、有効成分ミノキシジルの作用によるものです。このミノキシジルは1960年代にアメリカの製薬メーカーが降圧剤として開発した成分で、後に脱毛症に対して改善する効果が確認されたことにより、この症状に対しての治療薬として利用されるようになっています。

この成分は、毛包に対して直接作用し、たんぱく質の合成や毛母細胞の増殖を促進することで発毛を活性化します。AGAは、毛包が縮小すると共に毛周期における成長期が短くなり、軟毛化と短毛化が同時に進行するという症状ですが、ミノキシジルは毛包を大きく深く成長させると共に休止期を活性化するという作用があるので、正常な状態に回復させます。

この効果については、提供元の大正製薬が実施した臨床試験からも確認することが出来ます。具体的な内容は、ミノキシジル5%製剤を24週および52週投与したところ、それぞれ90%以上の確率で発毛効果が確認されています。特に、52週投与における効果は顕著で、中等度改善が66.7%、著名改善が11.1%と実に80%近い割合で、薄くなった領域が新発毛により被われるという状態になっています。

この様に、かなりの効果を見込めるミノキシジルですが、一方で高確率で副作用が発症するという憂慮すべき問題もあります。これは、元々は降圧剤として開発された成分ということで、使用すると血圧が急激に低下することによるものです。

このために、誰でも利用できるというわけではなく、高血圧や低血圧の人や心臓や腎臓に障害のある人、65歳以上の高齢者は医師や薬剤師に相談しなくてはなりません。



プランテルとリアップのコスト面での比較

育毛剤は長期的な利用が必要な商品で、どの程度のコストがかかるのかということは非常に重要なポイントです。そこで、両者を比較したのが下の表です。

商品名 リアップ プランテル
単品価格 7611円 9800円
1日当たりの費用 約254円 196円
最安コース 3本セット20293円 6980円
最安コースでの1日当たりの費用 約225円 約140円

この様に、コスト面で比較すると明らかにプランテルに軍配が上がります。ちなみに、最安コースで両者を購入した場合の1年間における金額の違いは、約30,000円に達します。



まとめ

薬用プランテル第一塁医薬品指定を受けているリアップは、確実に効果を見込めるという点においては、国内で生産されている育毛剤の中ではナンバーワンです。このために、どうしても薄毛を改善したいという人にとっては、非常に頼りになる存在です。
ただし、高確率で副作用が発症するという安全面での問題と、コスト面でのサービスが十分ではないという点は大きなマイナスポイントです。
このために、結論としてはオススメなのはプランテルということになります。




サブコンテンツ

このページの先頭へ