チャップアップとリアップを比較してみました

チャップアップとリアップを比較してみた

はじめに

現在では色々な種類の育毛剤が開発されており、薄毛に悩んでいる人にとっては、多彩な選択肢が用意されています。その中で人気を二分しているのが、チャップアップとリアップです。

これらは、商品名は類似していますが、内容にはかなりの違いがあります。それでは、これからチャップアップとリアップをそれぞれ紹介したうえで、オススメできるのはどちらかということを検証することにします。



チャップアップとは?

チャップアップ
チャップアップは、2013年に販売を開始した育毛剤で、30年以上の実績を持つ医薬部外品及び健康食品を取り扱うメーカーが提供しています。さらに、日本臨床医学発毛協会会長が品質の優秀性について推奨しており、販売元と商品の両方の信頼度が高いということが人気へとつながっています。

また、チャップアップは特定の脱毛症だけを対象としていないので、誰でも利用できるという柔軟性も魅力です。つまり、近年増加している女性の薄毛にも効果を発揮するということです。

ちなみに、現在販売されているものは、2015年にリニューアルしたタイプで、それ以前よりも配合成分を12種類増加しています。それでは、これからチャップアップの成分について見ていきましょう。

チャップアップの成分

チャップアップの成分
チャップアップに配合されている成分は、漢方薬としても使用されている植物由来のものが中心です。
その中で、主体的な役割を担っているのが、センブリエキス、グリチルリチン酸、ジフェンヒドラミンHCの3種類です。

まず、センブリエキスは、千回振出してもまだ苦いということが名前の由来である薬草の千振から抽出したものです。内服した場合は胃腸を活性化する作用があるのですが、外用においては血管の拡張や細胞分裂の促進をサポートするので、発毛を促進する効果を期待できます。

次に、グリチルリチン酸とは、薬用植物の甘草の根の部分に含まれている有効成分です。この成分は、雑菌の繁殖を抑制する抗菌作用があるので、頭皮環境の良好な状態をキープします。

そして、ジフェンヒドラミンHCは風邪薬の内服薬としても使用されているもので、抗炎症作用があります。

つまり、これらの成分により発毛と頭皮環境の正常化が実現されるので、薄毛が改善されるという結果へとつながります。

また、チャップアップには、香料や着色料、石油系界面活性剤等の頭皮に悪影響を及ぼす成分は一切配合されていません。このために、デリケートなタイプの人でも安心して利用できます。





リアップとは?

リアップ
リアップは、第1類医薬品に指定されている国内唯一の育毛剤で、壮年性脱毛症という症状の改善を目的としています。
この壮年性脱毛症とは、男性の薄毛の大部分を占めている症状で、ヘアサイクルにおける成長期の短縮により、軟毛化が進行するというのが特徴です。

これは、男性ホルモンのテストステロンが変化したDHTという物質が関与していると考えられており、思春期以降に徐々に進行します。リアップのこの症状に対しての有効性は、ミノキシジルという成分の作用によるものです。

リアップの成分

リアップは、44種類もの成分により薄毛に働きかけるチャップアップとは異なり、主成分のミノキシジルの作用が大部分を占めています。この成分は、アメリカで降圧剤として開発されたもので、後に脱毛症に対する改善効果が確認されたことで、薄毛の治療薬として利用される様になっています。

このミノキシジルの具体的な作用は、頭髪の成長に関与している毛母細胞と毛乳頭細胞を活性化するというものです。これにより細胞分裂が促進されるので、発毛が活性化することになります。

なお、ミノキシジルの作用は、残念ながら頭髪にのみ発揮されるわけではありません。このために、体毛の増加という副作用が報告されており、指の第一関節から毛が生えたというケースも起こっています。また、元々は降圧剤として開発されていた成分であり、血圧に問題を抱えている人の使用は基本的に禁止されています。

このために、ミノキシジルを主成分としているリアップは、誰でも利用できる育毛剤ではありません。具体的には、成人男性の壮年性脱毛症だけを対象としており、女性や未成年、円形脱毛症等の異なる原因の脱毛症の人は使用することは出来ません。




チャップアップとリアップの比較まとめ

 
誰でも利用できるチャップアップと壮年性脱毛症に限定して作用するリアップという様に、両者の性格は明確に異なっています。また、リアップに関しては公式サイトでも明記されている様に、女性、未成年者、壮年性脱毛症以外の人は使用すること自体を禁止されています。

このために、原因が明確でない脱毛症の場合は、両者の内ではチャップアップしか使えないということになります。

さらに、副作用の可能性があるということも考えると、壮年性脱毛症であってもチャップアップの方が安全です。

なお、それぞれの税抜きの通常価格はチャップアップ7400円、リアップ7048円と大差ありませんが、実はチャップアップの方がかなり安くなります。それは、公式サイトで定期購入コースが用意されているからで、税込6,000円で購入できます。

チャップアップ定期便

一方リアップは第1類医薬品に指定されているので、定期コースは用意されていません。これは、店頭で薬剤師による説明が必要となるからです。このために、費用面からの比較でもチャップアップがオススメということになります。




サブコンテンツ

このページの先頭へ