ザ・スカルプ5.0cと薬用プランテルを徹底比較

薬用プランテルとザ・スカルプ5.0cを比較

ザ・スカルプ5.0cと薬用プランテルとの比較

多くの人が悩んでいる薄毛を改善するために、毎年のように新しい方法が考案されています。その中で、ここ数年話題を集めているのが、カナダの化粧品メーカーが開発したキャピキシルという育毛成分です。

ザ・スカルプ5.0cは、この成分を配合した商品の中で最も人気の高いものの一つで、2015年と2016年のモンドセレクションで金賞を受賞しています。また、使ってみたいスカルプケア剤ランキングで第1位に輝いており、キャピキシル以外にも工夫を施しています。

一方、2015年のモンドセレクションで銀賞を受賞したのがプランテルで、M字ハゲを対象としていることが特徴です。こちらの商品はヒオウギエキスを主成分としており、医薬部外品に指定されています。

それでは、これから人気の高いこの両者について、配合している成分や期待できる効果、コストパフォーマンスなどを比較したうえで、どちらがオススメできるか検証していくことにします。



ザ・スカルプ5.0cの内容

ザ・スカルプ5.0cザ・スカルプ5.0cは、メジャーなメディアでも多数紹介されている注目のスカルプケア商品です。この商品の最大の特徴は、話題の育毛成分キャピキシルを5%配合しているということです。

このキャピキシルは、アカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド-3 を原料としている育毛成分で、AGAの原因物質の抑制と毛包の修復作用により、抜け毛予防と発毛促進の両方の効果を期待できます。

capixyl

メーカーが実施した臨床試験でも育毛効果は確認されており、一部ではミノキシジルの3倍の効果が期待できると評されています。ちなみに、ミノキシジルとは国内で唯一発毛剤として医薬品指定を受けているリアップの主成分で、強力な発毛作用が特徴です。

なお、ザ・スカルプ5.0cはトータルで41種類もの成分を配合しており、キャピキシル以外の内容も充実しています。
また、これらの成分を毛根の内部にしっかりと届けるために、1/25000の極小サイズに縮小したナノコロイドを採用しています。

薬用プランテルの配合成分

さらに、頭皮や頭髪へのダメージを最小限度に抑制するために、香料や鉱物油、着色料、石油系界面活性剤、パラベン、シリコン、酸化防止剤といった刺激物は一切使用していません。このように、効果だけではなく安全性を重視していることが、2年連続でモンドセレクション金賞受賞という快挙につながっています。



薬用プランテルの内容

薬用プランテル一方のプランテルは、生え際部分の薄毛の改善に特化した育毛剤で、M字を克服したユーザーからの支持率という項目でナンバーワンの評価を得ている商品です。
これは、主成分として配合されているヒオウギエキスの作用によるもので、根本的な原因に対してダイレクトに働きかけるという内容です。

M字

ちなみに、生え際部分の薄毛がM字ハゲと呼ばれている理由は、額の形が英語のMの様な状態に後退してしまうからです。このタイプの薄毛は、中年以降の男性に多いのが特徴で、大部分はAGAと考えられています。

このAGAは、DHTという男性ホルモンのテストステロンが変化した物質が原因の症状で、思春期以降に徐々に発症します。
生え際部分から頭頂部にかけての頭髪が軟毛化するという内容で、つむじを中心に広がっていくタイプのO字ハゲと呼ばれるものも同様の原因です。

ヒオウギエキスのAGAに対しての作用機序は、DHTの生産に関与している還元酵素の酵素活性を抑制するというものです。これにより、原因物質の生産量が減少するので、脱毛症の進行が止まることになります。

薬用プランテル配合成分

なお、プランテルは、ヒオウギエキス以外にも9種類の成分を配合しており、その内の3種類(センブリエキス・セファランチン・グリチルリチン酸2k)は厚生労働省から医薬部外品指定を受けています。これらの総合的な作用により頭皮環境を正常化するので、頭髪の健康的な発育をサポートする効果を期待できます。



ザ・スカルプ5.0cと薬用プランテル コスト面での比較

ザ・スカルプ5.0cと薬用プランテルは、それぞれに独自の魅力を持っているので、ソフト面の比較だけで優劣をつけるのは困難です。そこで、育毛剤を選択する際の重要なポイントであるコスト面を見てみることにしましょう。

商品名 ザスカルプ5.0c プランテル
単品価格 15,000円 9,800円
1日当たりの費用 500円 196円
最安コース 初回4,980円、2回目以降10,000円 6,980円
最安コースでの1日当たりの費用 約303円 約140円

この様に、コスト面で比較すると明確な違いが判明します。
特に、定期購入した場合の1日当たりのコストは、2倍以上の開きがあります。この差は、利用期間が長くなるほど大きくなるので、かなり決定的なポイントです。
ちなみに、1年間利用した場合の費用の違いは、約6万円になります。



ザ・スカルプ5.0cと薬用プランテルの比較:まとめ

注目の新成分を配合しているという以外にも、ザスカルプ5.0cは多様な魅力を備えた商品です。配合している成分量は全部で41種類で、プランテルの10種類を大きく凌駕しています。

薬用プランテルこれが、強気な価格設定につながっていることは理解できるのですが、最安コースでも1年間で11万4980円という金額は誰でも払えるわけではありません。このために、結論としては出費を半額未満に抑えられるプランテルがオススメということになります。





サブコンテンツ

このページの先頭へ