ザ・スカルプ5.0cとリアップの比較

ザ・スカルプ5.0cとリアップの比較

国内の育毛剤の中で、リアップは第一類医薬品に指定されている唯一の商品で、成人以降のAGAである壮年性脱毛症を対象としています。これは、主成分ミノキシジルの作用によるもので、臨床試験でも効果のほどを確認されています。

このミノキシジルの3倍の育毛効果があると噂されているキャピキシルという成分を配合しているということで、現在注目を集めているのがザ・スカルプ5.0cです。

そこで、この2つの商品を比較してみることにします。



リアップの内容


大正製薬が提供しているリアップは、育毛剤よりもワンランク上の発毛剤に分類されている男性用の商品で、壮年性脱毛症における育毛、および発毛および抜け毛の進行予防を効能・効果として明記しています。

これは、主成分のミノキシジルが第一類医薬品として指定されているからで、医薬部外品が大部分を占めている通常の育毛剤とは一線を画した存在です。

ちなみに、リアップは52週間におよぶ臨床試験を実施しており、公式サイトで公表しています。それによると、軽度改善が被験者の20.0%に、中等度改善が66.7%、著名改善が11.1%、悪化2.2%という結果となっています。

上記は、医師が評価した割合ですが、被験者自身による発毛に対する効果の印象は、非常に良くなった13.3%、良くなった46.7%、少し良くなった31.1%、変わらなかった8.9%。悪くなった0%という内容です。

共に、90%以上の割合で発毛効果を確認しており、薄くなった部分が新たな発毛でほぼ完全に被われている著名改善という顕著な回復も、10人に1人以上の割合に見られています。

このために、M字ハゲやO字ハゲなどに悩んでいて改善したい場合は、一番にオススメできるアイテムということになります。



ザ・スカルプ5.0cの内容


ザ・スカルプ5.0cは、ミノキシジルの3倍の育毛効果を期待できるという評判のキャピキシルという成分を配合している薄毛ケアアイテムです。

あのモンドセレクションで2,015年度と2,016年度の2年連続で金賞を受賞しており、品質の高さは世界的に認められています。

ちなみに、キャピキシルとは世界50か国以上に拠点を持つカナダの化粧品メーカーのルーカスマイヤー社が開発した育毛成分で、天然ハーブのレッドクローバー抽出エキスと4種類のアミノ酸により構成されているペプチド化合物アセチルテトラペプチド-3を原料にしています。

この成分の具体的な作用は、レッドクローバー抽出エキスに高濃度で含まれているビオカニンAによるDHTの抑制と、アセチルテトラペプチド-3による細胞の修復です。

また、ミノキシジルには血圧の急激な低下や多毛症、性機能の低下などの副作用が報告されていますが、キャピキシルではこのような問題が生じることはありません。このために、抜け毛予防と発毛促進効果の両方を期待できるうえに、安全性の高さも備えているということになります。

これは、発毛促進一辺倒のミノキシジルとの最大の違いであり、多様な特徴を有していることが、3倍の育毛効果が期待できると表現されている理由です。



リアップとザ・スカルプ5.0cのコスト面の比較

強力な発毛効果を期待できるリアップでも、52週間という長期間の臨床試験を行っています。これは、発毛を確認するためにはかなりの日数が必要になるからで、育毛剤は長期利用が原則です。このために、商品を比較する際にはコストがいくらかかるかということは、外すことが出来ない重要なポイントです。

商品名 リアップ ザスカルプ5.0c
単品価格 7,611円 15,000円
1日当たりの費用 約254円 500円
最安コース 3本セット20,293円 初回4,980円、2回目以降10,000円
最安コースでの1日当たりの費用 約225円 約303円

このようにコスト面で比較すると、リアップがやや優勢です。

ただし、ザスカルプ5.0cは、利用期間が長くなるほどお得になるシステムを採用しており、定期コース12回目以上になると1本当たりの値段は8,500円にまで安くなります。

この場合に1日当たりのコストは約283円で、リアップとの差は少し縮まります。

さらに、60日間の返金保証制度も用意されているので、万が一異常に見舞われたような場合でも、経済的に損をすることはありません。

このために、トータルでのサービス面では、ザスカルプ5.0cに軍配が上がります。


⇒ザ・スカルプ5.0cの口コミ見る




リアップとザスカルプ5.0cの配合成分の比較

次に、両者の内容の違いについて比較するために、配合されている成分の種類や効果について見比べてみましょう。

商品名 リアップ ザスカルプ5.0c
配合成分数 6種類 41種類
主要有効成分 ミノキシジル キャピキシル
育毛成分 ピリドキシン塩酸塩 、 トコフェロール酢酸エステル、l -メントール センブリエキス、グリチルリチン酸2K、オタネニンジン根エキス
副作用成分 ミノキシジル なし
副作用発症事例 多毛症、低血圧、急激な体重の増加、手足のむくみ、眩暈、頭皮の炎症 なし

このように、配合成分数において両者には大きな違いがあり、ザスカルプ5.0cが圧倒的に優勢です。また、副作用成分が配合されていないということも、大きな意味を持ちます。



ザ・スカルプ5.0cとリアップの比較まとめ

リアップは、髪の毛を生やすということだけを追求した商品で、トータルバランスという点は水準以下の内容です。

このために、安全性とサービス面が優れているザスカルプ5.0cがオススメということが最終的な結論となります。


⇒ザ・スカルプ5.0cの口コミ見る





サブコンテンツ

このページの先頭へ