Deeper3Dに配合されている成長因子の安全性(副作用)

deeper

Deeper3Dに配合されている成長因子の安全性(副作用)

deeper3dDeeper3D は、5月のリニューアル以来、メジャーな媒体を中心に多くのメディアで紹介されている注目のスカルプエッセンスです。従来のヘアケア商品との一番の違いは、ありきたりでない色々な成分が配合されていることです。

これらにより、様々な形で頭髪の成長をサポートします。これまでになかった新成分による育毛効果は、薄毛に悩んでいる人にとっては希望が持てる内容です。

今回、紹介するのはこのうちの一つ成長因子で、どのような効果があるのかと副作用の危険について説明していくことにします。


成長因子とは

髪の毛は、頭皮内部に存在している毛母細胞が分裂することで成長しており、これを支えているのがヒト成長ホルモンと呼ばれている物質です。この物質は、年齢を重ねるにつれて減少していくので、頭髪が成長するパワーも徐々に低下してしまいます。

成長因子は、このヒト成長ホルモンを活性化する作用がある成分で、Growth factorとも呼ばれています。育毛以外にも様々なジャンルで活用されており、これを利用した最先端医療も考案されています。

なお、Deeper3Dには、頭髪の成長に関与しているKGF・FGF-7等8種の成長因子を配合しており、加齢により薄毛が進行しているようなタイプには特に期待が持てる内容となっています。

insi



成長因子の安全性

成長因子を用いた育毛の最先端治療として現在注目を集めているのが、HARG療法(Hair Re-generative theraphy)です。成長因子にたんぱく質やアミノ酸、ビタミン等を加えた専用のカクテルを頭皮に注入するという内容です。

この治療での発毛実現率は90%以上という高い数値を記録しており、しかもトラブルが生じる危険はありません。これまでに、副作用が発生したという報告は、1件も行われていないからです。

頭皮に直接注入するというHARG療法でも異常が生じない以上、塗布して浸透させるというスカルプエッセンスでは、さらに安全面において信頼することが出来ます。このように、効果とともに安全性が高いということから、育毛系アイテムに配合されるケースが徐々に増加しています。次節では、成長因子を配合している商品とDeeper3Dを比較してみることにします。


成長因子配合の育毛系アイテム

加齢による薄毛に対して効果を期待できるうえに、副作用の心配がないということが成長因子の特徴です。このために、この成分を配合した育毛系アイテムも続々と登場しています。それらをまとめたのが、下の表です。

商品名 Deeper3D ザ・スカルプ5.0c バイタルウェーブスカルプローション ボストンスカルプエッセンス
単品価格 14800円 15000円 12800円 15984円
1日当たりの費用 約493円 500円 約427円 約533円
最安コース 2本セット12000円(1本6000円) 初回4980円、2回目以降10000円 6800円 3本セット26,784円(1本8928円)
最安コースでの1日当たりの費用 200円 約303円 約227円 約298円

このように、内容は様々ですが、その中にあってDeeper3Dのコストパフォーマンスの良さが、ひときわ目につく内容です。薄毛を改善するためには、かなりの日数が必要となるので、出費を如何に抑えるかということは重要なポイントであり、その点からもかなりオススメできるといえます。

なお、これらは成長因子を配合している以外にも育毛剤ではなく、化粧品に分類されているということが共通しています。これは、厚生労働省から承認されていないキャピキシルという成分を主成分としているからです。

キャピキシル



このために、育毛剤としては認定されておらず、取り扱い上は化粧品となります。ただし、だからといって育毛効果が全く期待できないというわけではありません。それは、化粧品であるがゆえに、自由に成分を配合できるというメリットがあるからです。

成長因子もそのうちの一種で、医薬部外品指定の商品には配合することが出来ません。このために、いわゆる育毛剤として販売されている商品の中には、成長因子を配合しているものはないということになります。


成長因子の安全性(副作用):まとめ

成長因子を利用した再生医療は、今後様々な分野で活用されることが確実視されている最先端のテクノロジーです。このために、育毛をはじめとして美容に関する幅広い分野で使用されてはいますが、現時点ではあくまでも発展途上の段階であると認識しておかなくてはなりません。つまり、今後さらに進化した内容の商品が提供されるということです。

また、成長因子エキスを頭皮に浸透させるという利用法は、かなり抑制された内容であることも重要なポイントです。これは、不測の事態が起きないようにするための工夫であり、安全面を重視したやり方です。

deeper3dこのために、Deeper3D等のスカルプエッセンスに配合されている成長因子は、主体的な役割を担っているというよりも、キャピキシル等の他の成分をサポートするような存在です。ただし、一方で安全性については不安を感じるようなものではなく、少なくともトラブルの原因となるような危険はありません。

なお、成長因子は特定の脱毛症にのみ効果を発揮する性質ではないので、年齢や性別は不問です。このために、近年増加している女性の薄毛にも有効であり、悩みを抱えている人に推奨できます。


公式ページはこちら



サブコンテンツ

このページの先頭へ