生え際が後退するタイプの薄毛に効果的な育毛剤

M字

生え際が後退するタイプの薄毛に効果的な育毛剤

生え際が後退するタイプの薄毛は、頭頂部など他の部分と比較すると改善するのが難しいと言われています。これは、遺伝的な要因が関係しているので、ストレスや栄養不良による脱毛症のように、心身の健康状態が良化したからといって、自然に治るということはないからです。

ただし、現在ではこのタイプの薄毛に対しての研究が進められた結果、改善する方法が開発されています。つまり、遺伝だからといって諦める必要は全くないということです。それでは、これからその具体的な内容について紹介していくことにします。



生え際が後退する理由

薄毛は、中年以降の男性に多く見られる症状で、特に生え際から頭頂部にかけての部分に集中しています。これは、この部分の毛根内部に存在している特殊な還元酵素が、男性ホルモンと結合することにより、脱毛症の原因物質DHTを生産するからです。

DHTは、脱毛因子のトランスフォーミング増殖因子を誘導するので、頭髪の成長に関与している毛母細胞の分裂を抑制します。これにより、頭髪の寿命が数か月程度にまで短縮されるうえに、毛母細胞の活動が停止する休止期のまま停滞する毛包が増加します。

syuuki

さらにこれが続くと、毛包がミニチュア化して細い頭髪しか生えてこなくなるので、軟毛化と呼ばれる状態が進行します。また、DHTはこれに加えて、皮脂の分泌量を異常に増加するという働きもあるので、毛穴には常に皮脂と汚れが詰まった状態となり、機能を喪失します。

これが、生え際が後退する仕組みで、最終的には頭頂部までの頭髪が全てなくなることになります。ちなみに、このDHTが原因で進行する脱毛症は、AGA(男性ホルモン型脱毛症)と呼ばれており、日本人男性の約3割に発症すると考えられています。



AGA予防の方法

AGAに対しての予防法は、既に確立されており、医療機関での治療も10年ほど前からスタートしています。具体的には、DHTの生産に関与している還元酵素の活性を阻害するというもので、脱毛症の原因物質の生産を減少させることになります。

この方法の中で最も広く知られているのが、飲む育毛剤とも呼ばれているプロペシアという内服薬です。臨床試験では98%の確率で不変以上の効果があったことが確認されており、日本を含む世界60か国以上で使用されています。

ただし、プロペシアは性機能の減退ややる気の低下などの副作用が発生する危険があります。また、健康保険が適用されない自由診療で処方されるので、1か月で1万円前後の費用が必要となります。

このために、心身の健康をキープしたままで、お金をかけずに薄毛を改善したいという場合は、別の方法を選択しなくてはなりません。このような人たちにおすすめなのが、プランテルという育毛剤です。



プランテルとは?

薬用プランテルプランテルは、2013年に販売を開始した育毛剤で、生え際が後退するタイプの薄毛M字ハゲを改善することを目的とした商品です。また、2015年にはモンドセレクションで銀賞を受賞しており、商品としてのクオリティーの高さが国際的な基準に達していると認められています。

なお、プランテルが生え際の薄毛に効果を発揮するのは、主成分として配合されているヒオウギエキスの作用によるものです。これは、アヤメ科の植物ヒオウギの根の部分から抽出したもので、イソフラボンというフラボノイドの一種を豊富に含んでいます。

ヒオウギエキス

このイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと分子構造が類似しており、同様の生理活性を有していると考えられています。つまり、わかりやすく言うとエストロゲンと同じ働きがあるということです。

エストロゲンの働きとは、テストステロンに対しての抑制作用で、AGAの原因物質DHTの生産を防止します。つまり、プロペシアと同様の効果が発揮されるということで、根本的な原因を改善します。

ただし、ヒオウギエキスはプロペシアとは異なり、副作用が発生する危険はありません。このために、安心して利用できるというメリットがあります。



プロペシアとプランテルのコスト面での比較

それでは、次にプロペシアとプランテルを費用面で比べてみることにしましょう。

プランテル プロペシア
単品価格 9800円 1か月分約10000円
1日当たりのコスト 196円 約333円
最安値コース 6980円 輸入代行約6000円
最安値コースでの1日当たりのコスト 約140円 約200円

このように、コスト面でもプランテルに軍配が上がります。この差は、利用期間が長くなるほど大きくなるので、生涯治療に近いAGAの場合は非常に重要なポイントとなります。

ちなみに、プロペシアの最安値コースの約6000円というのは、輸入代行業者で販売されている最も安い商品の価格です。これは、海外製のプロペシアとして販売されているのですが、本物と断定できる根拠はありません。このために、安全性ということを考えると、おすすめ出来ないということになります。




生え際が後退するタイプの薄毛に効果的な育毛剤:まとめ

薬用プランテルこのように、プランテルはかなり推奨できる内容を備えています。

さらに、30日間の返金保証制度を導入しており、使ってみて合わない場合でも損をすることはありません。これらのことから、生え際の後退に悩んでいる人には、一押しの育毛剤という結論となります。

公式ページはこちら



サブコンテンツ

このページの先頭へ