プランテルのM字禿げに対しての効果

プランテル

プランテルのM字禿げに対しての効果

薬用プランテル
生え際が後退するタイプの薄毛は、中年以降の男性に多くみられるのが特徴で、改善するのが難しいとも言われています。これは、遺伝的な要因が発症に関係しているからで、通常の薄毛に対してのアプローチでは効果を期待できないからです。

プランデルは、改善するのが難しいといわれているM字禿げを対象とした育毛剤で、好調な売り上げを記録しています。これは、それだけ効果を実感している人が多いということを証明しています。

それでは、これからこのプランデルが、M字禿げにどのように作用するのかについて、説明していくことにします。



M字禿げの仕組み

M字禿げと呼ばれている生え際部分の薄毛は、男性の薄毛の大部分を占めています。また、、近年増加している女性の薄毛が全体的に軟毛化するのとは対照的に、生え際から頭頂部にかけて以外の部分の頭髪は健康的な状態を保っているということも特徴です。

M字

これは、生え際から頭頂部にかけての毛根に分布しているⅡ型の5αリダクターゼという還元酵素の作用によるものです。この還元酵素が男性ホルモンのテストステロンを変換することによりDHTという物質が作り出されます。このDHTが、薄毛を進行させる根本的な原因です。

具体的に言うと、この物質が頭皮内に存在している毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体と結合することにより、頭髪の成長に関与している毛母細胞の活動を抑制するという作用を発揮します。これにより、健康的な状態であれば3年~5年継続する頭髪の成長期が、半年程度にまで短縮します。

さらに、頭皮の皮脂の分泌量を過剰に活性化させるという作用もあるので、毛根が著しくダメージを受けます。そして、毛包自体のサイズが縮小するので、細い頭髪しか生えなくなってしまいます。この頭髪は、さらに成長も阻害されているので、長く伸びることなく抜けるようになります。つまり、細毛化と短毛化が同時に進行するので、薄毛になるという仕組みです。

この薄毛は、AGAと呼ばれているもので、日本人男性では約30%の確率で発症することが知られています。

なお、AGAに関係しているテストステロンやDHT、Ⅱ型5αリダクターゼなどの物質は、全ての人の体内に存在しています。それにも関わらず発症する人としない人とに分かれてしまうのは、遺伝的な要因により決定されているからです。

具体的には、テストステロンをDHTに変換するⅡ型5αリダクターゼの分量や毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体のDHTに対する感受性などです。このために、発症自体を防ぐことは極めて困難ですが、進行を食い止めることは可能となっています。



プランデルのM字禿げへの効果

M字禿げ専用育毛剤プランデルのAGAに対してのアプローチの内容は、ヒオウギエキスという有効成分がDHTの生産を抑制することにより、頭皮と頭髪を正常な状態に回復させるというものです。

ヒオウギエキス

このヒオウギエキスには、女性ホルモンのエストロゲンと分子構造が類似しているイソフラボンというフラボノイドの一種が豊富に含まれています。この成分には、Ⅱ型5αリダクターゼの活性を阻害するという作用があるので、DHTの生産量を減少することが可能となります。

これにより、還元酵素の分量が多い人や毛乳頭細胞のレセプターの感受性が良好な人であっても、脱毛原因物質を作り出すことが難しくなるので、短毛化や細毛化が改善されることになります。

なお、このヒオウギエキスのDHTに対してのアプローチの内容は、飲む育毛剤として知られているプロペシアと同じです。ただし、プロペシアの場合は頻尿や男性機能の低下などの副作用が高確率で発症するというリスクがあるのですが、ヒオウギエキスの場合はこのような危険はありません。つまり、効果と引き替えに何かを喪失するような危険はないということです。




M字禿げ以外へのプランテルの効果

プランテルにはヒオウギエキス以外にも、円形脱毛症の治療で使用されているセファランチン、発毛促進作用があるセンブリエキス、頭皮の炎症を鎮静化して抜け毛を防ぐグリチルリチン酸2Kという厚生労働省から承認されている育毛成分を配合しています。

さらに、頭髪の健やかな成長をサポートするために頭皮環境を正常化する自然由来の毛活成分を6種類配合しており、育毛剤として基本的な内容を備えています。

このために、プランテルはM字禿げ専用育毛剤として知られていますが、他のタイプの薄毛に関しても効果を期待できます。特に、AGAが原因で発症する頭頂部の薄毛に対しては、M字禿げと同様に有効成分が作用するので、高確率で進行を防止することが出来ます。

ただし、提供元の企業が実施したモニターテストでは、頭頂部よりもM字禿げに対しての改善満足度が高かったという結果が出ています。




プランテルのM字禿げに対しての効果まとめ

男性ホルモンの影響を強く受ける生え際の薄毛は、かっては不治の病のように考えられていた時代もあります。これは、それだけ改善するのが難しいうえに、遺伝が原因で進行すると推測されていたからです。このために、M字禿げを自覚した多くの人は、運命として受け入れるしかありませんでした。

これに対して現在では進行を防止することが可能となっており、過去とは比較にならないほど状況は良化しています。ただし、発毛のプロセスは全て解明されたわけではないので、最先端のテクノロジーをもってしても100%の治療法は確立されていません。

薬用プランテル特に、機能を喪失した毛根を回復するということは現在でも無理なので、薄毛が進行して長期化したような場合は、思うような結果を得ることは出来ません。これは、プランテルでも同様であり、なるべく早めに使用することを心掛けなくてはなりません。

ちなみに、M字禿げの場合のタイムリミットは、発症後5年~10年と考えられています。



公式ページはこちら



サブコンテンツ

このページの先頭へ