プランテルの配合成分(育毛成分・毛活成分)を詳しく解説

プランテル

プランテルの配合成分(育毛成分・毛活成分)

薬用プランテル
プランテルは、中年以降の男性に多く見られるM字ハゲを対象とした育毛剤で、3種類の有効育毛成分と7種類の毛活成分の合計10種類を配合しています。

これらの一つひとつの内容と、どのような効果があるのかについて説明いたします。



育毛有効成分1.センブリエキス

センブリエキスは、千回振っても(煎じても)苦みが取れないほど強烈な苦味成分を持っていることが特徴です。

この苦みを構成しているキサントンやスエルチアマリンには血管を拡張する作用があるので、頭皮の血行を促進することを目的として多くの育毛剤に配合されています。



育毛有効成分.2セファランチン

セファランチンは、タマサキツヅラフジという中国や台湾の平地から山地にかけて自生しているつる性植物の根の部分から抽出した有効成分で、抗アレルギー作用を発揮することから様々な疾患の治療に用いられています。

また、血液循環を活性化する作用もあるので、育毛目的でも利用されています。
特に突如として脱毛班が発生する円形脱毛症に対しては有効で、安全性も高いということから小児に対しては第一選択薬として使用されています。



有効育毛成分3. グリチルリチン酸2K

グリチルリチン酸2Kは、炎症を抑制する作用と殺菌作用があるので、ニキビケア化粧品でも主成分として配合されています。
漢方原料として知られている甘草の根から抽出したもので、副作用の心配はありません。

なお、この成分はダイレクトに育毛に働きかけるというわけではありませんが、炎症を鎮静化し雑菌の繁殖を抑制するので、頭皮の環境を改善する効果を期待できます。



毛活成分1.ヒオウギエキス

ヒオウギエキスは、エストロゲン様物質のイソフラボンを豊富に含有しており、M字ハゲを進行させるDHT(ジヒドロテストステロン)に対しての抑制作用を発揮します。
このために、プランテルの中では、最も重要な役割を担っているということになります。

ちなみに、ヒオウギエキスの女性ホルモン様作用は、体毛を薄くする効果も期待できるので、スキンケアアイテムとしても利用されています。安全性が高いということも魅力で、副作用に見舞われる心配はありません。



毛活成分2.ビワ葉エキス

ビワ葉エキスは、ヒオウギエキスと共にM字ハゲの進行を抑制する効果を発揮します。
ただし、アプローチは異なっており、こちらはDHTの作用で増殖するFGF-5という脱毛因子を阻害するという内容です。

これにより、ヒオウギエキスとの強力タッグでDHTの生産量を減少するうえに、脱毛作用自体をブロックするので、生え際部分の髪の毛を回復させる効果を期待できます。



毛活成分3.海藻エキス

海藻エキスは、北海道の日高沖に自生しているミツイシコンブから抽出した特殊な成分で、髪の毛を太く長く成長させます。

ちなみに、このミツイシコンブエキスは、M-034とも呼ばれており、ブブカチャップアップ、マイナチュレなど多くの人気育毛剤の主成分として使用されています。



毛活成分4.プロビタミンB5

プロビタミンB5は、パンテノールとも呼ばれているビタミンB群のアルコール誘導体で、新陳代謝の活性化や抗炎症作用、保湿効果や皮脂の抑制などの多様な効果を期待できます。

特に、有効なのが皮脂の過剰分泌を抑制するという効果で、オイリーな状態になりがちな中高年男性の頭皮の状態を改善します。



毛活成分5.牡丹エキス

ボタンエキスは、活性酸素の働きを阻害するアンチエイジング効果を期待できるので、頭皮の老化に伴う毛包内の毛乳頭や毛母細胞などの根幹組織の機能低下を防止します。

また、血液循環を活性化する作用もあるので、発毛促進にも有効です。



毛活成分6.シナノキエキス

シナノキエキスは、ポリフェノールの一種タンニンを豊富に含んでおり、抗酸化作用や収れん作用を発揮します。
これらの効果により、エイジングケア化粧品などにも配合されています。

育毛効果としては、頭皮の老化と乾燥を防ぐというもので、発毛環境を改善します。



毛活成分7.ヒキオコシエキス

ヒキオコシエキスは、エンメインという抗菌作用を発揮する苦味成分を含有していることが特徴で、過剰分泌により繁殖した常在細菌を抑制する効果を期待できます。

つまり、頭皮環境の改善に有効ということで、オイリーな状態が続いているような場合は特に効果的です。



プランテルの配合成分(育毛成分・毛活成分):まとめ

薬用プランテル
プランテルに配合されている成分数は、今回紹介した10種類のみで、現在の育毛剤の中ではかなり少ない部類に入ります。

これは、M字ハゲという特定の薄毛のみをターゲットとしているからで、全ての人に効果を発揮するというわけではありません。

このようなプランテルの配合成分の少なさは、コストの削減にもつながっており、リーズナブルな値段での提供が可能となっています。

1本当たりの値段が1万円を超えることも珍しくない昨今の育毛剤の中で、定期コースであれば6,980円で購入できます。

price

しかも、1本で50日間使用できるので、1日当たりのコストは約139円です。長期利用にも十分対応できる内容で、生え際の薄毛に対して腰を据えた取り組みが可能となります。



公式ページはこちら



サブコンテンツ

このページの先頭へ