チャップアップの副作用

チャップアップの副作用

チャップアップの副作用

チャップアップの副作用
日本国内で薄毛に悩んでいる人は約4000万人にも上ると考えられており、これを改善するために様々な種類の育毛剤が開発されています。チャップアップは、その中でトップクラスの評価を得ている商品で、通販サイトや口コミサイトのランキング等の様々なジャンルでナンバーワンに輝いています。

また、AGAやアンチエイジング研究において代表的なドクターからも優秀な育毛剤であることを認められており、かなり信頼できる内容を備えています。

これは、ホームページで公表されているので、簡単に確認することが出来ます。

doctor

このように、現役のドクターが市販されている育毛剤の内容について、優秀であると断言するということは、他ではほとんど見られない非常にレアなケースです。これは、チャップアップのクオリティーがそれだけ高いということを証明していると考えられます。

これは、効果と共に安全性が非常に高いということが関係しています。これから、このチャップアップの安全性について、配合成分の内容を説明しながら紹介していくことにします。


チャップアップの主成分

チャップアップは、厚生労働省から医薬部外品指定を受けている商品で、医薬品ほどではないが一定の効果が認められています。ちなみに、国内で製造されている育毛剤の中で、医薬品指定を受けているのは大正製薬のリアップのみで、それ以外は全て医薬部外品です。また、医薬部外品指定を受けていないものは、化粧品として取り扱われています、

なお、医薬部外品指定を受けるためには、厚生労働省が規定している成分を定められた濃度で配合する必要があります。

チャップアップに配合されている厚生労働省規定の成分とは、グリチルリチン酸、センブリエキス、ジフェンヒドラミンHCの3種類です。

3seibun

これらは、多くの育毛剤に配合されている基本的な成分で、血行促進、抗アレルギー、頭皮環境の正常化等の作用があります。これらに加えて、40種類以上の有効成分を配合していることがチャップアップの特徴です。


チャップアップの成分ごとの特徴

チャップアップに配合されている成分は、皮脂の抑制、硬化の改善、血行促進、DHTの抑制、頭皮環境の正常化、頭髪の生成の6つを目的としています。ちなみに、これらを図で示すと次の様になります。

皮脂の抑制 2種類:大豆エキス、ドクダミエキス
硬化の改善 3種類:梅果実エキス、チンピエキス、マロニエエキス
血行促進 12種類:人参エキス、ボタンエキス、海藻エキス等
DHTの抑制 4種類:ヒオウギエキス、ビワ葉エキス、チョウジエキス、オウゴンエキス
頭皮環境の正常化 10種類:ゴボウエキス、ローズマリーエキス、ニンニクエキス、松エキス等
頭髪の生成 13種類:l-アルギニン、l-イソロイシン、l-バリン、グリシン等

これ以外に使用されているものも含めて全部で44種類で、30種類の植物原料から抽出したエキスと13種類のアミノ酸により構成されています。

chap

この中に、副作用の危険が報告されているものは1つもないので、育毛と引き換えに何かを失うという心配はありません。



チャップアップの添加物

育毛剤は、毛根に有効成分を届けるために、頭皮に塗布するという使用法となります。このために、有効成分のニオイをごまかすために、香料を加えている商品も少なくはありません。

さらに、塗った時に気持ち良くするために、メントールを配合しているケースもあります。これらは、使用感を向上することを目的としているのですが、育毛という観点からはプラスに作用しません。それどころか、頭皮が敏感なタイプの場合は、かぶれたり赤くなったりする原因にもなります。

これに対して、チャップアップは、使用感を向上するための成分をはじめとして、石油系界面活性剤、パラベン、シリコン、着色料、鉱物油等の皮膚に悪影響を及ぼす危険な成分は一切使用していません。

このために、妊娠中や授乳中といったデリケートな時期であっても、問題なく使用することが可能です。さらに、公式サイトの質問コーナーでは子供も使えますかという質問に対して、小学生や中学生が使用しても支障はないと回答しており、安全性の高さを窺い知ることが出来ます。


チャップアップの副作用:まとめ

現在の育毛剤の中には、治療薬として使用されているものもあります。先に紹介したリアップと医療機関で処方されるプロペシアがその代表で、薄毛を高確率で改善するという臨床データが存在しています。

しかし、これらは効果を発揮する一方副作用もあるので、誰でも使用できるというわけにはいきません。

例えば、リアップの場合であれば有効成分ミノキシジルの副作用により、血圧の低下や体毛の増加という現象に見舞われます。

チャップアップこれに対して、チャップアップの場合は、このような心配は全くありません。つまり、リスクを背負う必要はないということで、気楽に毎日使用することが出来ます。

ちなみに、一応の注意点としては、頭皮に湿疹や傷、炎症等がある場合は、治癒するまで使用しないということと、頭皮や頭髪が清潔な状態で使用するということです。これは、育毛剤を使用する際の一般的な心構えの様な内容で、チャップアップ特有の注意点というわけではありません。

なお、正しい使用を心がけると、さらに安全性は向上します。チャップアップの正しい利用法とは、30回プッシュした量を頭皮全体に塗布するという内容です。ちなみに、これが1回の推奨量約4mlで、1日に1度の使用で1本が1カ月で無くなる計算です。このペースでの使用を継続することにより、安全な育毛を実践できます。


公式ページはこちら



サブコンテンツ

このページの先頭へ