ザ・スカルプ5.0cのAGA(男性型脱毛症)に対しての効果

scalp_title

ザ・スカルプ5.0cのAGAに対しての効果

ザ・スカルプ5.0c
男性の多くが悩んでいるM字ハゲやO字ハゲと呼ばれている生え際から後頭部にかけての薄毛は、AGAという症状の典型的な状態です。この症状は、男性の薄毛の大部分を占めていると考えられており、全ての育毛アイテムにとっては避けて通ることが出来ない難敵です。

果たして、モンドセレクションで連続金賞受賞などで現在注目を集めているザ・スカルプ5.0cは、AGAに対してどのような効果を発揮するのでしょうか?その仕組みについて、今回はご説明します。



AGA(男性型脱毛症)とは?

AGA(男性型脱毛症)とは、男性ホルモンのテストステロンが変化したDHT(ジヒドロテストステロン)という物質の作用により、髪のサイクルが乱れて抜け毛が増え、薄毛になってしまう症状で、日本人男性の発症頻度は約30%と報告されています。

具体的な仕組みは、DHTが生え際から頭頂部にかけての毛根内部に存在しているアンドロゲンレセプターという特殊な受容体と結合することにより、TGF-β(トランスフォーミング増殖因子)という脱毛因子を誘導します。

このTGF-βによる脱毛指令を受けたFGF-5というたんぱく質の作用により、成長期の髪の毛が退行期や休止期に移行することになるので、太く長く成長する前の段階で髪が抜けてしまうようになります。

ちなみに、生え際から頭頂部にかけての範囲に薄毛が集中するのは、テストステロンをDHTに変換するⅡ型5αリダクターゼという還元酵素が、この部分の毛根内部に分布しているからです。

このために、生え際が後退するM字ハゲや頭頂部に穴が開いたような形で薄毛になるO字ハゲなどが頻繁に発症することになります。
なお、かってはこの症状は男性のみに限定されると考えられていたのですが、現在では女性にも発症することが明らかとなっています。

この女性のAGAは、女性男性型脱毛症という意味のFAGAと呼ばれています。発症頻度は、男性よりも少なめの約10%で、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が低下する更年期以降に増加するのが一般的ですが、近年ではホルモンバランスの崩れなどにより20代などの若い世代にも増加していると報告されています。




AGA(男性型脱毛症)を改善する方法

「その薄毛、お医者さんで治せます。」というテレビコマーシャルをご記憶の方も多いのではないでしょうか?これは、2005年にAGA治療薬のプロペシアが承認されたのを受けて、病院での薄毛治療が本格的にスタートしたのを広く知らせることを目的に作られたものです。

ただし、実際には現代医学をもってしてもAGAを治癒することは出来ません。何故なら、原因物質のDHTを完全にシャットアウトすることは出来ないからです。また、テストステロンをサポートするという役割を担っているので、分泌量が低下する中高年世代になると影響力はますます増加することになります。

このために、現在行われているAGA治療は、DHTを少しでも減らすという方向性によるアプローチで、具体的には生産に関与しているⅡ型5αリダクターゼの酵素活性を阻害するという方法がスタンダードとなっています。

これは、AGA治療薬のプロペシアの作用機序と同様で、DHTの生産量を減らすことにより、髪の毛の成長を自然な状態に回復させることを目的としています。



ザ・スカルプ5.0cのAGAに対しての効果

ザ・スカルプ5.0cは、老若男女問わず利用できる薄毛ケア商品で、特定の脱毛症だけを対象としているわけではありません。

ただし、AGAに対しても効果的な成分を複数配合しているので、症状の進行を食い止める効果を期待できます。それらの成分の内容について、見ていくことにしましょう。

キャピキシル

capi

ザ・スカルプ5.0cに主成分として配合されているキャピキシルは、ここ数年最も話題を集めている育毛成分の一つです。

この成分は、天然ハーブのレッドクローバーから抽出したアカツメクサ花エキスと4種類のアミノ酸から構成されたペプチド化合物のアセチルテトラペプチド-3を原料に、カナダの化粧品メーカーにより開発されたものです。

この成分のAGAに対しての改善効果は、原料の一種であるアカツメクサ花エキスに豊富に含まれているイソフラボンの作用によるものです。

この成分は、女性ホルモンのエストロゲンと分子構造が類似していることから植物性エストロゲンとも呼ばれています。

プロペシアと同様に、Ⅱ型5αリダクターゼの活性を阻害するので、DHTの生産を抑制します。

 ⇒キャピキシルの効果を詳しく見る

ダイズ種子エキス

ダイズ種子エキスは、アカツメクサ花エキスと同様にイソフラボンを豊富に含んでいるので、エストロゲン様作用を発揮します。

これにより、DHTがブロックされるので、脱毛因子の増殖が抑制されて、髪の毛が退行期や休止期に移行する割合が低下します。




ザ・スカルプ5.0cのAGA(男性型脱毛症)に対しての効果:まとめ

ザ・スカルプ5.0cAGAへの対応力は、全ての薄毛ケアアイテムに問われているといっても過言ではありません。この症状に対して有効でないということは、男性の薄毛を改善することが出来ないという意味でもあるからです。

その点、今回ご紹介したように、ザ・スカルプ5.0cであれば問題はありません。複数の成分により原因物質を抑制するので、悩んでいる人にもオススメできる内容です。

このうえで、発毛を促進する成分も配合しているので、AGAの進行を防ぐとともに、髪の毛を増やすという作用も発揮します。


公式ページはこちら




サブコンテンツ

このページの先頭へ