ザ・スカルプ5.0cに初期脱毛はあるのか?

scalp_title

ザ・スカルプ5.0cの初期脱毛

ザ・スカルプ5.0c
育毛剤を使いだした直後には、一時的に抜け毛が増加するケースがあります。これは、初期脱毛と呼ばれている現象で、多い場合は抜け毛の本数が数百本に達する場合もあります。

この現象は、育毛剤だけに限定して発生するわけではないので、化粧品に分類されているザ・スカルプ5.0cを利用した場合でも起こる可能性があります。

果たして、初期脱毛が発生するのは、どのようなことが原因なのでしょうか?その仕組みと、どのように対処すればよいのかについて説明いたします。



初期脱毛とは?

初期脱毛は、育毛剤を使いだして1週間程度経過したころから、抜け毛が急激に増加する現象のことです。

数百本もの髪の毛が連日のように抜けてしまうというケースもあり、当然薄毛は進行することになります。

このような状況になると、かなり不安になってしまうので、この時点で育毛剤を使うのを止めてしまう人も少なくはありません。薄毛を改善するために使用したにも関わらず、逆に悪化してしまったために、自分には合わない商品だったと感じてしまうからです。

しかし、初期脱毛は合わないから起きるのではなく、原因にアジャストしたことによる一時的な現象なので、驚いて止めてしまうのは適当ではありません。つまり、良化途上に起きる好転反応のような現象ということです。




薄毛になってしまう仕組み

髪の毛は、毛根内部の毛母細胞が分裂することにより、1か月に約1cmのペースで成長するのですが、これは未来永劫続くというわけではありません。

このように髪の毛が伸びる時期は成長期と呼ばれており、男性は3年~5年、女性は4年~6年程度続いた後に、毛母細胞の分裂が低下して成長が停滞する退行期という状態に移行します。

この退行期から数週間程度経過すると、毛母細胞の活動が完全に停止して髪の毛が寿命を迎える休止期という状態になります。さらに、休止期から数か月程度経過すると、再び毛母細胞が活動を再開し、新しい髪の毛が成長することになります。

このように、成長期→退行期→休止期→成長期という順番に繰り返し移行していくことは、ヘアサイクルと呼ばれています。このヘアサイクルが正常に移行している限りは、髪の毛が抜けてもやがては生え変わるので、心配する必要はありません。

しかし、このヘアサイクルが狂わされてしまったことにより、髪の毛の寿命が短くなると共に生え変わりにも時間がかかる様になると、全体的なボリュームが不足する薄毛と呼ばれる状態になります。

これは、男性に多く起こりがちな状態で、DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンの作用が関係しています。この物質が、毛乳頭細胞の特殊なレセプターと結合することにより、TGF-βという脱毛因子を誘導します。

このTGF-βがFGF-5というたんぱく質に脱毛指令を発信することにより、成長期の髪の毛は退行期や休止期に移行します。これにより、成長期が強制的に終了させられるので、髪の毛の寿命は短くなり、長くなる前に抜けてしまうという状況になります。

usuge

このように、DHTが原因で進行する薄毛のことはAGAと呼ばれており、男性の約30%に発症すると考えられています。



初期脱毛が起きる理由

初期脱毛は、狂わされていたヘアサイクルが正常な状態に回復する際に発生する一時的な現象です。

具体的には、退行期や休止期の髪の毛が成長期に移行することにより、新しい髪の毛に押し出されるような形で古い髪の毛が抜けてしまうという内容で、成長期に移行することにより状況は安定します。

なお、前述したように退行期は数週間、休止期は数か月程度継続します。このために、成長期に移行するまでには数か月程度の日数がかかるということで、初期脱毛も数か月続く可能性もあります。

ただし、このように長期間続くのは極めてまれで、大部分は2週間から1か月程度で正常化します。つまり、我慢するのはせいぜい1か月程度で、これ以降は徐々に髪の毛の状態は良化するということになります。




ザ・スカルプ5.0cで初期脱毛は起きるのか?

初期脱毛は、育毛剤を利用した際に必ず起きる現象ではありません。効果が全くなかった場合は、ヘアサイクルは狂わされたままなので、抜け毛が一挙に増加するということはないからです。

また、ヘアサイクルとは無関係に抜け毛を引き起こす円形脱毛症のような症状を改善した場合も、初期脱毛が起こることはありません。

つまり、初期脱毛が起きるのは、ヘアサイクルの乱れが原因で進行するタイプの脱毛症を発症していて、この症状に効果的な育毛剤を使用した場合に限定されるということになります。

ザ・スカルプ5.0cの場合は、ヘアサイクルの乱れが原因の脱毛症の代表AGAに対して効果を発揮する、キャピキシルやダイズ種子エキスなどの成分を配合しているので、初期脱毛が発生する可能性はかなり高いということになります。

ザ・スカルプ5.0c
ザ・スカルプ5.0cで初期脱毛が発生するのは、AGA に対して効果が発揮されたということの証です。このために、実は喜ぶべき現象であり、我慢して使い続けるようにしましょう。

ただし、頭皮に炎症などが出来たような場合や、数か月が経過しても抜け毛が止まらないような場合は、違う原因による可能性があるので、医師の診断を受けるなどの対処が必要となります。


公式ページはこちら



サブコンテンツ

このページの先頭へ