キャピキシルの副作用について

deeper

Deeper3Dに配合されているキャピキシルの副作用について

deeper3d2016年の5月にリニューアルしたDeeper3Dは、ホームセンターで初売りされた時には即日完売となる等、現在最も注目を集めている育毛アイテムの一つです。この様な人気は、配合されているキャピキシルという成分への期待感によるものと考えられます。

なお、キャピキシルがこのように期待されている理由は、薄毛の治療薬として医薬品としても利用されているミノキシジルの3倍の育毛効果を発揮すると言われているからです。このために、ここ数年この成分を配合した育毛アイテムが続々と誕生しています。

そこで、Deeper3Dを含めたキャピキシル配合の育毛アイテムを紹介しながら、その効果と安全性について検証していくことにします。


キャピキシルとは?

キャピキシルは、カナダの化粧品メーカーのルーカスマイヤーコスメティックス社(Lucas Meyer cosmetics)が開発した育毛成分で、アカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド3を原料としています。

mike_capi

ちなみに、アカツメクサはレッドクローバーとも呼ばれている天然ハーブで、更年期障害の抑制や咳止め、うがい薬等でも利用されてきた歴史を持っています。ちなみに、このアカツメクサの有効成分は、ビオカニンAというイソフラボンの一種で、女性ホルモンのエストロゲンと分子構造が類似していることが特徴となっています。

ビオカニンAの育毛効果

このビオカニンAの育毛効果は、男性の薄毛の大部分を占めているAGAの進行を止めるというものです。具体的には、AGAの原因物質DHTの生産に関与している5αリダクターゼの酵素活性を阻害するというもので、根本的な原因に働きかけます。これにより、毛周期が正常化するので、頭髪は元の状態に回復することになります。

アセチルテトラペプチド3の育毛効果

もう一方のアセチルテトラペプチド3は、4種類のアミノ酸から構成されたペプチド化合物で、細胞外マトリックスの修復作用を持つので、毛包の構造維持をアプローチします。このために、本数と太さの両方の改善を期待できます。

なお、薄毛は何らかの原因で毛包のサイズが縮小することで、頭髪が細くなるという状況から始まります。次に、ヘアサイクルが狂わされてしまうので、成長期が短くなり長く伸びることなく抜け落ちてしまいます。つまり、軟毛化と短毛化が同時に進行するようになるので、全体のボリュームが著しく減少することになります。

bad

これに対してキャピキシルは、毛包の修復と毛周期の改善の両方に対しての効果を期待できます。これが、発毛促進に特化して効果を発揮するミノキシジルよりも有効という評価へとつながっています。

なお、ミノキシジルの3倍の育毛効果を期待できるとも表現されている理由は、同レベルの発毛促進作用がある上に、ヘアサイクルの改善による抜け毛予防と副作用の危険がない安全性の高さを兼ね備えているからです。



キャピキシルに副作用の危険がない理由

キャピキシルの原料のアカツメクサ花エキスは、ヨーロッパでは古くより薬用として利用されていたもので、健康に悪影響を及ぼすような危険な内容ではありません。これは、もう一方のアミノ酸系化合物も同様です。このために、これらをミックスしたからといって、基本的な内容が急激に変化するわけではありません。

なお、キャピキシルに副作用の危険がないと考えられる理由は、このような理論上の理由だけではありません。なぜなら、キャピキシルが配合された商品が販売されてから既に数年以上が経過していますが、これまでに副作用が発生したという報告は一例もないからです。

さらに、これはキャピキシルを主成分としているDeeper3Dという商品に関しても同様で、安心して利用することが可能です。なぜならDeeper3Dは、植物系の天然原料を中心に配合しているうえに、パラベンや着色料等の刺激物は使用していないからです。


キャピキシル配合の他の商品との比較

強力な育毛効果を期待できるうえに、副作用の心配がないということで、ここ数年キャピキシルを主成分とした育毛アイテムが次々に販売されています。これらの商品を価格面で比較したのが、下の表です。

商品名 Deeper3D FINJIA BOSTONスカルプエッセンス ザ・スカルプ5.0c
単品価格 13,860円 12,800円 14,800円 15,000円
1日当たりの費用 約231円 427円 約493円 500円
最安コース 6本セット61,270円 9,980円 3本セット24,800円 初回4,980円、2回目以降10,000円
最安コースでの1日当たりの費用 約168円 333円 約272円 約303円

ちなみに、キャピキシルは日本では医薬品や医薬部外品としては認められてないので、これらの商品は全て化粧品として取り扱われています。ただし、効果が期待できないというわけではなく、厚生労働省から承認されていないだけです。このために育毛剤ではなく、スカルプエッセンス、又は育毛系化粧品等と呼ばれています。

なお、上の表からもわかるように、コスト面においてDeeper3Dが最も優れています。これは、1本で60日間使用できるからで、費用をかけずに育毛に取り組むことが出来ます。



キャピキシルの副作用について:まとめ

注目の育毛成分キャピキシルは、副作用の危険がないうえに、男女問わず利用できる柔軟性を備えているのが魅力です。特に、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量の低下が原因の薄毛に対しては非常に有効です。

deeper3dこれは、分子構造が似ているビオカニンAが代わりとなるからで、ホルモンバランスを正常な状態に回復させることによるものです。このために、これを主成分としているDeeper3Dをはじめとした育毛系化粧品は、男性の薄毛に対してだけではなく女性の薄毛に対しても効果的ということになります。



公式ページはこちら



サブコンテンツ

このページの先頭へ