イクオスのAGAに対して期待できる効果

イクオスのAGAに対して期待できる効果


リニューアルにより内容を一新したIQOS(イクオス)は、独自成分のAlgas-2(アルガス-2)をはじめとして、天然由来の植物エキスを中心に配合している薬用育毛剤です。

配合成分数は61種類にも上り、様々な角度から薄毛を改善します。

この中には、AGAに対して効果を発揮する成分も含まれており、薄毛に悩む男性にとっては頼りになる存在です。

それでは、何故効果を期待できるのかについて説明していくことにします。



AGAとは

AGAとは、男性型脱毛症とも呼ばれている症状で、生え際から頭頂部の頭髪が薄毛になるのが特徴です。これは、この部分の毛根内部に存在している、還元酵素の作用によるものです。

この還元酵素は、Ⅱ型5αリダクターゼという名前で、男性ホルモンのテストステロンをDHTという物質に変換します。

このDHTは悪玉男性ホルモンとも呼ばれている物質で、毛根内部の受容体と結合することにより、皮脂の分泌量を過剰にすると共に、毛周期を狂わせてしまいます。

これにより、3年から5年程度成長するはずの頭髪は、半年から1年ほどで抜けるようになります。これは、成長期が短縮されたからで、DHTが生産されている限り改善されることはありません。

さらに、毛根も過剰化した皮脂によるダメージを受けてしまうので、徐々に機能を失ってしまいます。このために、最終的には生え際が後退して頭頂部の頭髪がなくなる状態となります。

なお、AGAは男性ホルモンと共に遺伝が関与しています。特に、母方から受け継ぐ男性ホルモン レセプター遺伝子が発症を左右する重要なポイントと考えられており、日本人男性における発症頻度は約30%と報告されています。



イクオスのAGAに対しての効果

現在では、AGAに対して効果的なプロペシアという治療薬が開発されており、薄毛の進行を食い止めることが可能となっています。

ちなみにプロペシアの作用機序は、Ⅱ型5αリダクターゼの酵素活性を阻害して、AGAの原因物質DHTの生産を抑制するという内容です。

これにより、DHTにより狂わされていたヘアサイクルと皮脂の分泌量が正常化するので、頭髪は通常のペースで成長できるようになり、薄毛が改善されるという結果につながります。

なお、イクオスにもプロペシアと同様の効果を発揮する成分が配合されているので、AGAに対して非常に有効です。

具体的には、ヒオウギ抽出液、ビワ葉エキス、ダイズエキス、オウゴンエキス、クララエキスの5種類で、Ⅱ型5αリダクターゼの活性をブロックします。

また、これらはいずれも漢方生薬としても利用されている成分で、副作用に見舞われるような危険はありません。

この点は、やる気の低下や性機能障害などが一部で報告されているプロペシアとの決定的な違いで、イクオスは安心して利用することが出来ます。




イクオスとプロペシアの比較

プロペシアは、世界60以上の国や地域で使用されており、日本でも2005年に厚生労働省から承認されて以降、AGA治療を行っている医療機関で処方されています。

なお、厚生労働省では承認するにあたって臨床試験を実施しており、結果が公表されています。

それによると1日に1mgを1年間投与したところ、頭頂部の写真評価において、軽度改善以上の効果が58%、不変以上の効果が98%に認められています。このように高確率の効果を期待できるために、一部からは飲む育毛剤とも表現されています。

ただし、プロペシアは毛根に対して直接作用するわけではないので、発毛を促進するような効果はありません。
このために、薄毛が進行した状態で利用した場合は、効果を得られないということも起こり得ます。

これに対して、イクオスの場合は、毛根に栄養を与えて活性化するという発毛促進成分を16種類も配合しています。

つまり、抜け毛を防止したうえで頭髪の成長を促すという仕組みで、薄毛を改善するための日数を短縮することが可能です。

このスピードという点がイクオスの最大の魅力で、使用した人の78%が3ヶ月以内の発毛を実感しています。

この数値は、プロペシアと共にAGA治療で利用されているミノキシジルや話題のスカルプ成分のキャピキシルを上回っています。

このために、早くAGAを何とかしたいという人には、イクオスが最もおすすめできる育毛剤ということになります。


公式ページはこちら



サブコンテンツ

このページの先頭へ